SanDisk コンパクトフラッシュ 2GB Ultra IISDCFH-2048-903

2019年10月23日


購入店:楽天  メディアラボPLUS
価格:4,977円


デジタルカメラにハマリ中の頃、1年前の2006年にある催事のカメラ撮影をしたのだが、自宅に帰ってから、パソコンで画像チェックをして自室茫然になったことがあった。全ての画像に異様な線が入り、ひどいものは画像の途中で切断されてずれているような状態になっていたのだった。人に渡す用の画像もあったので、深夜までフォトショップで修復したのは辛かった。2005~2006年頃は電気街以外でも頑張っているPCパーツショップやデジカメショップがあり、比較的関東郊外の小規模店でもそこそこの値段でデジカメ、SDカードやCFカードを販売していたのだった。そしてその頃に購入したA-DATAのCFカード、性能もほどほどで何より値段が安くて並行輸入品だったが、トラブル無しだったのでそのお店で数枚カメラ用記録媒体として買い増しすらしていた。そして一番大事な催事撮影のメインメモリとして使用したカードがダメダメだったのでこれ以降1眼デジタルカメラに関するメモリの類は割高であってもサンディスクにすることにしたのだった。これの1か月前に家族用コンパクトデジカメのためにTranscendの安いSDカード2GBが送料税込で約2,000円程度だった。コンパクトフラッシュがまだまだ元気だった頃というか、上位機種専用としてプロ機には永続的に使われ続けるものとして1眼機には必ずCFスロットが搭載され続けると思っており、お店でCFカードを購入する自分をちょっと玄人っぽくかっこいいのでは?と勘違いしていたことも思い出した。(2019/10/23記)