CCD-30GとGH-CF512MB

2019年6月30日

ブログランキング


購入店:楽天 スリートップ
価格:CCD-30G 41,790円 
   GH-CF512MB 11,340円


CCD-30G・・・株式会社センチュリーのポータブルHDDマルチプレーヤー「シネマディスク」「CinemaDisk」説明はこことかここ

GH-CF512MB・・・株式会社グリーンハウス製のコンパクトフラッシュ スタンダード版

当時働いていた会社の同僚から結婚式のカメラ係を頼まれたので、何かあっては一大事!と思い、愛用デジタル一眼カメラ FinePix S2 Pro用のポータブルストレージとしてCCD-30G、S2 Pro用メディアの初コンパクトフラッシュ(それまではマイクロドライブ340MBのみだった)グリーンハウス製GH-CF512MBを一緒にコンビニ前払い決済で購入した。以前親類の結婚式写真をデジカメで撮影した際に、式場でノートパソコン+外付けHDDで大量の写真画像をストック+バックアップしたことがあり、面倒だったのが購入理由(笑)しかし、値段が全然下がっておらず、高い買い物になったのは泣けた(笑)

あと転勤になってAMラジオしかない営業車両に乗る毎日だったので、シガーソケットコード付きだったのも決め手だった。液晶が日本語表示非対応だったけど、ボール型の安いスピーカーを接続して、営業車両でお気に入り楽曲のMP3を聞きながら、辛い現場回りをする自分を励ましていたことは今でも忘れられない想い出。

イベント撮影時に数度活躍するも、カメラ用メディアの大容量化に伴い、徐々に使わなくなったが、割と太目のケーブルを使うとUSBバスパワーで動くので、再転勤後まだそんなに大容量ではなかったUSBメモリの代わりに大量のデータを持ち運びしたりと、職場が替わっても重宝していた。最終的にはseek時に故障HDD特有のカックンカックンという悲しい響きでお別れとなった。現在でも「CinemaDisk」で検索すると、海外サイトで当時のマルチプレーヤーの中の一つとして紹介されており、そういえば色々と候補があったなあと懐かしくなった。

一方、GH-CF512MBは容量のみにつられて購入した。スナップや風景写真を撮る際には特に不満が無かったが、その後スポーツ撮影をメインにしていくようになって、カメラも買い足していく中、念のための予備メディアとしてカメラの肥やしになり、2013年に不要カメラ物品一式を処分するときにお別れとなった。(2019/06/26記)